健康を維持していくために

知っておきたい薬の飲み合わせについて

 

普段から薬を常用している人も多いと思います。例えば、多くの人が飲んでいる降圧剤等は定期的に服用する事が必要です。
さて、歳を重ねると服用する薬の量1種類から2種類、3種類と増えていくと思います。

 

その際、注意したいのが薬の飲み合わせです。薬の飲み合わせについて聞いた事があるでしょうか。
薬はある薬と一緒に飲むと効き目が強くなったり、弱くなったりする性質があります。その為、自分が飲んでいる薬を良く覚えておく事はとても重要です。

 

通院している病院が一つしかない場合は、主治医が飲み合わせを考慮して薬を処方してもらえるでしょう。
しかし、複数の病院を通院している場合、自分が服用している薬についてきちんと医師に伝える必要があります。

 

そこで役に立つのが「お薬手帳」です。
お薬手帳は自分が飲んでいる薬を一覧で見る事が出来るので、通院する病院の主治医に提示する事で、飲み合わせても影響のない薬を選択してもらう事が出来ます。病院に行く際はお薬手帳を必ず持参する様にしましょう。

 

飲み合わせに影響を与えるのは薬だけではありません。
普段口にする食品も服用する薬に大きな影響を与えます。良く知られている所では、降圧剤とグレープフルーツの食べ合わせです。ed治療薬レビトラ

 

降圧剤とグレープフルーツを一緒に食べてしまうと降圧剤が強く効きすぎてしまい、急激な血圧低下に陥ってしまう事があります。
場合によっては意識消失等命に関わる事もあるので降圧剤を服用している人は十分気をつけて下さい。

 

もう一つ、ワーファリンという血液の流れを良くする薬を服用している人は多いでしょう。
ワーファリンと納豆の食べ合わせは薬の効きめを弱めてしまう作用があります。

 

ワーファリンは血栓が出来るのを予防し脳梗塞や心筋梗塞の発症を防ぐ大切な薬の一つです。
この為、ワーファリンを服用している人は納豆や青汁等の摂取を控える様にしましょう。あがり症の薬

 

最後に薬を飲む際の注意点について説明したいと思います。薬を飲む時は水又は白湯が良いと言われています。
これにも理由があります。

 

水や白湯以外の飲み物で薬を飲むと食道等、胃ではない所に薬がくっついてしまい、効き目が弱くなるだけでなく、消化器官を荒してしまうという悪影響もあります。きちんと胃腸に薬を運ぶ為に、薬は水や白湯と一緒に飲む様にしましょう。

 

不妊治療を開始して、病院に行くようになり、それからは薬とも毎日のおつきあいになってしまいました。
低温期だけ飲む薬とか、高温期だけ飲む薬とか、1ヶ月毎日かかさず飲む薬とか数種類あります。漢方薬も飲んでいます。

 

はじめは西洋医学の薬1種類だけだったのですが、治療が思うように進まず、先生に言われるまま、増える薬を飲んでいます。
薬局でも漢方薬が買えるところはありますが、少し見てみたら私が病院で処方してもらって飲んでいるものと同じものもありましたが、薬局の方が高いんですね。

 

保険適用というのは大きいです。診察してもらうのを考えると、どちらが高いのか正直よくわかりませんが、しかし値段だけの問題ではないので、
病院に通い続けています。内診とか薬局じゃどうにもならないですし。

 

私が主に飲んでいる薬ははじめ、副作用がありました。
今は量を減らしたのでなんともないのですが、はじめは、私はそれまでどちらかというと下痢になることの方が多かったのですが、便秘になってしまいました。

 

便秘に慣れていないので3日でもお通じがないともう辛いのです。
それに加えて一日中吐き気をもよおしてしまうという副作用もありました。

 

吐き気もあまりなることがない人生をそれまで送っていたため、きつかったです。
最後に吐いたのは何年前か思い出せないくらい、めったに吐かないので、なんだか吐くのはこわくて、でも気持ち悪さがずっとあるのも辛いし、でなかなかきつかったです。
毎日のことなので仕事に行かないわけにもいかず、がまんして電車に揺られ、通勤していましたが正直しんどかったです。
ちょうどその頃、職場に妊婦さんがいて、つわりで気持ち悪かったようです。私とは真逆の理由に、口には出せないけど複雑な心境になりました。ダイエット薬ゼニカル

 

病院でもらう薬は、市販薬より強いとはいえ、効いてるのか効いてないのか、わからない上に副作用が続くので、先生に相談したところ、
量を減らすことになりました。その後毎月採血して、検査しているのですが、数値は薬を減らした今の状態でも、良好だそうです。

 

先生はにこやかというか、おだやかに「いいですね」と言いますが、私は、心中おだやかではないのでした。なぜならいくら数値で良くても、
不妊治療が終わったわけではないからです。いつ終わるのか不安ばかりです。

日本の高齢化も、街中を歩いている時や、車を運転している時に、高齢者の姿や高齢者マークを見たりすることで、高齢者の多さがわかるものですが、一番「あ〜高齢者がおおいなー」と思わされるのは、病院の待合室ではないでしょうか。

 

風邪などひいて病院に行くと、たぶん高血圧かなんかでだと思われますが、待合室に座っていたお年寄りが次々と受診しては帰っていきます。
また腰の痛みなどで整形外科に行くとリハビリを受けているお年寄りの多さには驚かされます。

 

一概に高齢者の多いことが日本の医療費の高騰につながっているとは言い切れませんが、やはり高齢化=医療費がかさんでいく、という図式は否めない状況であると思われます。

 

高齢になるほど、身体の不調部分が多くなってくることは理解できます。
しかし何でもかんでも不調であれば病院に行くという図式は、自分や自分の子供たちの負担が大きくなり首をしめることにもなりかねません。

 

人にあれこれ言える立場ではない私ですが、健康で過ごせる時間を増やせるように日ごろからの運動や体調管理は大切であると思われます。
これは老若男女に言えることです。シアリス効果

 

今までは、日本の医療費高騰の原因を「患者」側にして書いてきましたが、果たして原因はそれだけでしょうか?
現在国会などで、騒がれていることは、院外薬局のありようです。昔は病院で診察を受けて、その病院の受付で薬を処方してもらってました。

 

しかし今は、病院で診察を受けて、そこで診察・診療に関わる支払いを行った後に、病院の外、別の建物にある薬局に、病院から出してもらった処方箋を持っていき、薬をもらい、再度支払いを行うシステムがほとんどとなっています。

 

院内薬局と院外薬局では、その料金が倍以上の差があるそうです。確かに支払うお金が高くなったと感じます。
具合が悪くやっと病院に診察に行ったのに、薬をもらうためにさらに院外薬局へいき、待たされ、高いお金を払わされる。これは身体的にも精神的にも、億劫さを伴うものだと実感します。シアリス通販

 

医療と離れた第三者の院外の薬剤師がいることで、医者の過剰な薬の処方を食い止めるなどという役割も担っているとして、さも必要と思わそうとしていますが、取引相手であお医者に、文句や異論を唱えることが出来る薬剤師はいないと思います。

 

私見ですが、無駄な「院外薬局」などという制度は排除して、純粋に医療費の削減を求める法制度の確立を希望します。
誰もが公平に診療を受けられている時代を、このまま保持するためにも、ぜひそう願います。

日本全体で医療の在り方の意識の変革を
私の住んでいる町は、1万7千人ほどの人口の小さな静かな町であります。それでもスーパーは2件ほどありコンビニも6件ほどあり、利便性は良い方だと思っています。
民間の事業者が町中にサービスを提供する建築物を建てて、サービスを提供してくれることは、便利な暮らしを維持していくためにも有難いと思います。
しかし思い出しただけでも、私の町には10施設ほどもの、内科の病院が存在しています。

 

いざ風邪を引いたり怪我をしたりしたときには、近くにあればあるほど便利な病院ですが、このような乱立まで行くとどうなのでしょうか。
気軽に病院に行けると言う事は、良いことである反面、ちょっと体調が不調であると思ったらすぐに病院に行けばよいという安直な考えを町民に持たせ、待合室が寄り合い所と化してしまうことも大いに考えられます。クラミジア症状

 

昔からある民間療法などの知識は廃れて病院へ直行する人も多くなるし、市販薬は高いから病院に行くなどという人も増加の一途をたどることになるでしょう。

 

ジェネリック医薬品という「新薬の特許が切れた後にでる、新薬と同じ有効成分・効き目のある、
安価な薬」を積極的に取り入れてくれる病院もあるようですし、患者にその選択の確認をしてくれる病院も多くなっては来ているようですが、
医薬品メーカーも新しく開発した薬は、特許が切れるまでに、その開発費やら何やらを回収するために、積極的な営業をかけて医者に使わせているのも現状です。

 

まずは日本全体の医療費の増加を防ぐためにも、安易に病院を乱立させないこと、薬はなるべくジェネリックを使っていくなどの対応が必要となってくると思います。
もちろん一時話題となった、体調不良ですぐに大学病院へ行くことは論外であると思います。

 

提供する側だけではなく、どこか体調が悪くなっても、まずはゆっくり休んで様子を見たり、昔からの民間療法(のどの痛みにははちみつが良いとか、
焼いたネギを首に巻く」などを試して、それでもダメなら病院に行く。シアリスジェネリック

 

そして通院した際には「薬はジェネリック医薬品でお願いします」と医者に言うという気力くらいは体調不良の体に鞭を打って実施していこうと私自身も思うし、
皆様にも実践していって欲しいと思います。

私は3年前に糖尿病と診断されました。
私の家計が糖尿病の家系と言う事で、たまに血糖値を測定したいたのですが、300を越す値が出た為、
これはヤバイかもしれないと病院に行って検査をしてもらった結果、正式に糖尿病と診断されてしまいました。

 

それどころか、すぐに入院しないとヤバイと言われ即入院する事となってしまいました。
当時ヘモグロビンA1cの値が10%を越えていたのです。食事療法の為の入院でした。

 

血圧も高めだったため、カロリー制限と塩分を控えめにした量の少ない食事を2ヶ月間食べ続けた結果、何とか、ヘモグロビンA1cの値が8%を割るくらいにまで下がり退院する事が許可されたのです。

 

それからは、投薬治療が始まりました。ベイスン・アマリール・ネシーナと言った薬を処方され飲んでいます。
1ヶ月に1度の血液検査を義務付けられております。アフターピル通販

 

しかし、退院後、普通の暮らしに戻ってからは、血液検査で一向に数値が良くならない期間が続きました。
確かに食事には気をつける様になりましたが、それだけではダメで、適度な運動を行わないと改善されないとの指導を口を酸っぱくして言われました。

 

私の仕事はデスクワークなので、意識して運動しない限り全然体を動かす機会がありません。
そんな私は、意を決してスポーツクラブに入会しました。

 

糖尿尿になるくらいですので私の体型はメタボリックで、ジムトレーニングやランニングマシーンもやりましたが続かず。
でも、折角入会したんだからと言う思いでプールでのトレーニングに切り替えました。

 

水中歩行をして水中ストレッチを1日1時間だけすると言う簡単な内容ですが、そのくらいが私には丁度合ってたみたいで、これなら続けられると言う確信が持てる様になりました。

 

それからは会社の帰りにスポーツジムに行くのが日課になりました。
水中トレーニングをしてから入る屋外ジャグジー、この屋外ジャグジーがすごくリラックス出来て大のお気に入りにました。カンジタ薬

 

そして、スポーツクラブに通い始めてから数ヶ月で血液検査のヘモグロビンA1cの値が6%台と標準値に限りなく近くなりました。
まだまだ、服薬と血液検査は欠かせませんが、合併症の心配は格段に減ったと言う事で安心して過ごせる様になりました。